3D “ZOUKEI”

 

3Dプリンターの活用ポイント

 

金型や熟練の加工技術を使い分ける

         量産コストにおいて、現時点では3Dプリンタは金型の射出成形には到底叶わない。

金型試作のコスト削減や製作時間の短縮のために導入を行い、3Dプリンタを適材適所な使い分けで

コストや納期などの面で他社との差別化や競争力強化を行っている。

 

板金加工

         3次元データなしで加工が完結することも多い板金メーカーでも、自社の製造の効率化や品質アップ、

あるいはビジネスの幅を広げるために3Dプリンタが活用され始めている。

例えば、複雑な形状の検証やサンプル製作、簡易金型モデル製作などに活用し、3Dプリンタの導入により、

従来の設計・製作時間の削減が図れる。

 

プラント設計や市街ジオラマ・鳥瞰図形など、大きな造形OK

         一体造形の場合、約900mm×600mmまで対応可能(材料等の諸条件で異なります。)

分割造形の場合、繋ぎ・組合せて大きなサイズ要望の立体物を作る事も可能です。

 

アパレル業界

2013121日、「Iris Van Hopen」というブランドのファッション・ショーがパリで開催され、

3Dプリンタで作製したドレスが披露されました。

3Dプリンティング技術を取り入れたモード・ファッションとして注目されています。

 

先端バイオ分野

         ヒト胚性幹細胞(ES細胞)を生きたままの状態で「印刷」して立体物を作製することに世界で初めて

成功したとするヘリオット・ワット大学(イギリス)研究チームの論文が、201324日付の

英国物理学会の学会誌「Biofabrication」に掲載されました。

3Dプリンタで細胞を吐出・印刷することで人工臓器の実現に繋げる、神経細胞や血液細胞の再生

医療の技術として難病治療への応用が期待されています。

 

 

 

  

3D Printer Press

Copyright 2010-2017 Ariel Inc. All Rights Reserved

株式会社 アリエル 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F 代表TEL.03-6868-7617

E-Mail03-6868-7617@ariel-co.com 【facebookアリエル 3D造形 工場直販「匠」 3Dプリンター試作品製作事例など

サービス利用規約 特定商取引の表記 セキュリティーポリシー